「糖尿病」という病名に関しては、<気づいたら知っている>ものであり
血糖値が高い状態を指す名称あること、暴飲暴食・過度な飲酒によって
発症するリスクが上昇することは、一般常識的なものです。

しかしながら、サプリを利用して効率的に・本気で改善していくためには
その正しいメカニズム、そこに至るまでの過程を知っておくことが必要です。

最も分かりやすい表現としては、
「自力で血糖値を下げることができなくなる」という症状であり
そうなるに至るまでの過程を、予防する必要があるのです。

糖尿病予防と、改善策というのは共通したものも多いですが
それぞれ別々の角度から、しっかりアプローチすることで
それぞれの改善策に意味を持たせることができ、早期解決の近道になるはずです。

糖尿病の症状

糖尿病とは<血糖値が高い>という症状に、「ある条件」が付きます。

それは「空腹時の血糖値が高い」ということであり
食後の血糖値というのは、誰もが上昇して当然のものと言えます。

その食事によって上昇した血糖値を下げるものが「インスリン」であり
このインスリンが

  • 正常に分泌されない
  • 正常に機能しない

ことによって、いつまで経っても食後の血糖値が下がらず
慢性的に血糖値が高い状態が続いてしまうことになります。

そしてこれによって、様々な高血糖特有の症状が招かれることになります。

「エネルギー効率」が低下してしまう

「おしっこが泡立つ(甘い)」といったことは、血糖値が高いことそのものであり
それに加えて<高い(下げられない)ことによって>起きる症状も現れます。

最も典型的な例が「のどが乾く」ということであり
血液内のブドウ糖の濃度が高い状態を
薄める必要があるため、水分を摂取しようという動きが活発になります。

また同時に「おしっこの回数が増える(頻尿)」の症状というのは
体内で代謝できない糖分を、早く排泄しようという体の反応であり
それに伴って水分も出ていくため、自然とのどが渇くことになります。

そして何より、インスリンによるブドウ糖の代謝ができていないことで
ブドウ糖を<エネルギーとして>正常に利用することができないために
疲れやすい・だるい、という状態が慢性的になります。

糖尿病の原因

糖尿病へと至る、決定的な理由としては
上記したように「インスリン」が、役目を果たせないためです。

そして、そうなってしまうに至る要因として

インスリンが、限度を超えて働き(働かせ)すぎたために、疲れてしまった

という、「インスリン周辺環境の破壊」によるものと言えます。

<緊急>に<大量>に<使い続けた>結果

インスリンとは、膵臓で生成(分泌)されるホルモンであり
血糖値を直接的に減少させることができる、唯一の成分になります。

そのため正常な状態を保っていれば、食後しばらくした後に分泌が始まり
徐々に血糖値を下げていき、空腹時には血糖値が正常な状態戻ることになります。

これは、<一般的な食後>における働き・反応になりますが
<暴飲暴食>といった、限度を超えた食事・エネルギーの摂取をすることで
その量に比例してインスリンの分泌は増え、分泌器官にも負担がかかることになります。

これが<たまに>であれば、それほど問題もないものですが
(体のリセット機能・回復期間で、賄える程度であれば)
習慣的なものになってしまっている場合、急激な血糖値の上昇が繰り返されることになり
それと同時に、インスリンの短期間・大量の分泌が招かれることになります。

それによって、

  • もうちゃんと作れない(作る器官の疲弊)
  • もうちゃんと動けない(インスリンの機能の劣化)

という状態が招かれることになります。

そうなることで、上記した様々な症状が現れ始めるのです。

ルックルックイヌリンプラス

糖尿病を改善する意味

血糖値が高い、おしっこが甘い、疲れやすい

確かによくないことだけど、それ以上に何か問題があるの?

といったように感じる方もいるかもしれませんが
血液が汚い(特定の成分の濃度が高い)ということは
いずれ「動脈硬化」を、発生させることになります。

そしてこの動脈硬化こそ、様々な合併症を招いてしまうことになる
「黒幕」と言える症状であり、生活習慣病への働きかけとは
この動脈硬化を防ぐための対策でもあるのです。

高血糖患者の半数が、動脈硬化を発症していると考えられており
その他の症状に比べても、特にリスクが高いということを自覚する必要があります。

この動脈硬化の症状が、どこに現れるのかによって
どういった症状が現れるのかにも、違いが見られます。

最も重いものでは、腎臓で起きる動脈硬化であり
その状態というのは「人工透析」に至る、糖尿病の最終形態と言えます。