高血糖の傾向の人や、糖尿病患者の方は
どうしても、血糖値を下げることだけを考えがちですが
その分、血糖値が下がりすぎてしまった場合に
どのような危険が発生するのかも、知っておきましょう。

血糖値の高い「高血糖」があると同時に、
血糖値が低い状態を低血糖、正確には「低血糖症」と呼びます。

高血糖と同じく、一時的なものであればそれほど問題ない一方で
慢性的に症状が見られる場合には、それなりの対処が必要です。

インスリンの分泌・機能不全が要因となることも、糖尿病と同じであり
生まれつきのものと、生活習慣によって発症してしまうものがあることも同じです。

低血糖症の症状

血糖値が低過ぎる、下がり過ぎることによって引き起こされる症状として

  • 不安定な精神状態
  • 判断力の欠如
  • めまい・昏睡
  • 心肺機能の低下

「お腹がすいて力が出ない」という時に出る症状が、
極端な形で現れると考えるれば、分かりやすいと思われます。

また、インスリンの摂取の反動によって
一時的に極度の低血糖になってしまう場合もあります。

ンスリン摂取が必要な糖尿病患者は、インスリンと一緒に「ブドウ糖飴」等
を持ち歩いていることは、一般的にも知られていますが
この低血糖症は、高血糖の傾向がない場合も起こ得る症状です。

インスリンの周囲に異常が起きている

日常生活で「お腹がすいている」という状態は、血糖値が下がっている状態であり
確かに低血糖状態でありますが、「深刻な低血糖状態」というのは
インスリンが過剰に分泌され、基準値以上に血糖値が下がってしまうケースです。

インスリン環境の異常が、すでに起きている状態であり
その繰り返しによって、インスリン環境が完全に壊れてしまい
血糖値に関する疾患を発症することになります。

基本的に、「空腹」というのは

  • エネルギーが足りていない
  • 危険な状態になっている

という、体から発せられるシグナルです。

このシグナルを無視した生活を繰り返すことによって
「暴飲暴食」とは、真逆の影響ではありますが
同じ負担を、インスリン環境に与えることになります。

血糖値を気にしすぎるからこそ注意する、糖尿病に対する不安から
極端な食事制限・糖質制限を、日常的に行ってしまう人も多いです。

そういった極端な行動が、高血糖とは真逆の症状を招き
結果的に、体の機能を壊してしまう恐れがあることも知っておきましょう。

安全な・計画的な改善策をとることが大切です。