「動脈硬化(症)」<血液の質>は、切っても切れない関係と言えます。

そのため、血液の質の劣化の最たる症状である
「高血糖」という状態は、動脈の硬化を招く非常に大きな要因になります。

動脈硬化の状態を、簡潔に説明すると・・・

血管壁(血管の壁)が、「厚く」「堅く」なることによって
血液が通る道が狭くなってしまい、<血液が流れにくく>なっている状態です。

動脈(血管)が「硬くなる」メカニズム

血管が厚く・堅くなっているということは、
言い換えれば<血管が発達してしまっている・強くなってしまっている>ということであり
筋トレによって、筋肉が発達する過程と同じことです。

しかしそれによって、血液が流れる「隙間」が
狭くなってしまうという事態を招いていまうことになります。

そして問題の本質は、「なぜ血管が発達してしまうのか?」ということになります。

こと、高血糖による動脈硬化の要因としては

  • 高い粘度の血液が流れることによる血管へのダメージ
  • 高い粘度の血液を流すための血圧の高まり

以上の、非常に直接的・連鎖的な現象によるものです。

血糖値に限らずとも、各種成分の「濃度」が高い血液は
血管壁にも、大きなダメージを与えながら流れることになります。

また血圧とは「水圧」と同じく、血液を流す強さであり
血圧が高くなっていることによって、当然「流れる道」は負担を受けます。

血液が流れる道が血管であり、血圧が高くなるということは
血管への負担が増加することにつながります。

これらの粘度・圧力に耐えるために、血管が発達し
血管の硬化が始まり、同時に血液が通る道は狭くなります。

この一連の過程は、高血糖をはじめとした
「ドロドロの血液」がカギを握ることが多いと言えす。

動脈硬化が起きることによる問題点

動脈硬化が起きることによる問題点としては
必要な成分が行き届かなくなる、ということになります。

血管が狭くなっているということは、血液がスムーズに運ばれなくなっているということです。

血液の本来の役割は、体中の細胞に「酸素」と「栄養素」を運ぶことであり
それらが行き届かないことによって、あらゆる器官・細胞に悪影響を与えます。

それによって、各器官が正常な働きが出来なくなってしまい
様々な疾患・不調を招くことになります。

また「パーツ」に酸素・栄養素が行き届かなくなることで
最悪の場合、先端組織を中心とした「壊死」にもつながります。

ルックルックイヌリンプラス

「合併症」を引き起こす大きなきっかけとなる

そして、動脈硬化の最も恐ろしい点としては
「合併症」といった、<生活習慣病>のその先のトラブルを引き起こす点になります。

この合併症をの発症を防ぐことが、生活習慣病のケアの最大の目的であり
生活習慣病に付随する重い症状が現れる際には、必ず動脈硬化の症状が見られます。

糖尿病で言えば「糖尿病性腎症」といった、「腎臓」の周辺・腎臓そのもので
動脈硬化が起きることによって、非常に重い症状が現れることになります。

血糖値の抑制は最も根本的な予防になる

そもそも血糖値(血液中の糖の量でもある)を上昇させなければ
血管へのダメージのリスクも、同時に抑えられることになります。

これは動脈硬化に対する、最も基礎的な予防法と言えます。

そのため、血糖値を抑制する働きのある

  • イヌリン
  • サラシア

といった成分が含まれた「ルックルックイヌリンプラス」は
糖尿病と動脈硬化の、両方にアプローチできる効率的なアイテムと言えます。

「ルックルックイヌリンプラス」の効果についての詳しい解説ページへ